タカノについて

ご挨拶Message

「挑戦を続ける会社」

We are always challenging!

髙野 十

株式会社 オートランドリータカノ 代表取締役社長

髙野 十 Takano Mitsuru

 

昭和20年、仙台市生まれ。
中学から東京で学び、日本大学法学部在学時代には、家業の新聞販売業の
東京部門を経営していた。昭和46年に帰郷し、47年に㈱タカノを設立して
現職。趣味は、見知らぬ国、土地を訪ね歩くこと。

いつもご愛顧頂き誠にありがとうございます。
私たちはお客様の多様なお召しものをどうしたら「綺麗にしてお届けできるか」を常に考えてまいりましたが、いつも後手に回ってしまいお客様のご要望を先取りできなく、とても残念に思っております。
 現代は変化が大変早く、またファッションの流行もお客様の嗜好も年々多様化しております。
そのため、私どもはお客様のお召しものに対しまして、清潔であれば良い、お洒落に着たい、ここ一番の勝負服にしたい、高価なものだから大切に着たい、形見の洋服等お客様それぞれの思いに添ったクリーニングを提供しなければならないと思っております。
単に洗って汚れを落とすのではなく、お客様にどの様なクリーニングを提供したら「かっこよく」、「おしゃれに」お召しいただけるかに知恵を絞っております。
 アパレルメーカーの制作意図を知り、お客様のご要望を伺いながら日々研鑽してまいりたいと思っておりますので、どうぞご遠慮なくたくさんの忌憚のないご意見ご要望をいただけたら幸いと存じます。

企業理念Corporate Philosophy

使命感
“私達は「タカノ」を通じて社会に美と健康と活力を提供します”
■基本姿勢
私達は顧客の立場に立って、優れたチームワークにより、常に完全なサービスを提供します。
■サービス技術づくり
常に現状を否定し、顧客の多様な要求に完全に応えられる技術を開発します。
■固定客づくり
私達は違いのあるサービスで、顧客に誇りと満足を提供します。
■管理システムづくり
効率の良い作業と組織で、常に利益を生む会社をつくります。
■人づくり
私達は、自己啓発と自己管理に努め、会社の業績に貢献し、社会の立派な一員となります。

会社概要Company Profile

会社名 株式会社オートランドリータカノ
本社所在地 〒982-0251 宮城県仙台市太白区茂庭字人来田東12番地の1
代表取締役 髙野 十(タカノ ミツル)
資本金 1億円
役員構成 代表取締役 髙野 十
取締役 菊地 久
取締役 髙野 大輔
取締役 小林 信彦
年間売上高 平成21年度 1,712,546
平成22年度 1,529,160
平成23年度 1,436,212
平成24年度 1,607,221
平成25年度 1,655,528
平成26年度 1,727,542
平成27年度 1,768,081
平成28年度 1,959,057
平成29年度 2,092,646 (単位:千円)
取引銀行 三菱東京UFJ銀行仙台支店
常陽銀行仙台支店
七十七銀行西多賀支店
仙台銀行長町南支店
山形銀行仙台支店
岩手銀行仙台支店
きらやか銀行仙台支店
東邦銀行仙台支店
商工組合中央金庫仙台支店
杜の都信用金庫西多賀営業部
決算 12月31日
業種 クリーニング業
営業品目 クリーニング一般  業務用ユニフォームのリース  クリーニング関連商品の販売  医療資材  リネンサプライ
加盟団体 日本毛皮皮革メンテナンス協会
リントラク・クリーナーズ協議会
日本クリーニング経営者協会
全国クリーニング環境衛生同業組合
工場 本社工場 :宮城県仙台市太白区茂庭字人来田東12番地の1
鶴代町工場 :宮城県仙台市若林区鶴代町6番48-2号
出店先 カメイ株式会社  イオン株式会社  株式会社ヨークベニマル  株式会社伊藤チェーン

沿革History of TAKANO

昭和40年 4月14日 宮城県仙台市青葉区中央3-1-20にて創業
昭和47年10月3日 株式会社設立
本店:宮城県仙台市宮城野区鶴ヶ谷2-8
資本金:800万円
昭和50年12月 株式会社東北医療資材協会設立
昭和53年1月 協同組合仙台綜合クリーニングセンター発足設立
昭和54年9月 資本金を5,000万円に増資
昭和57年3月 有限会社アルト設立
昭和57年7月 タカノリネン株式会社設立
昭和57年10月 ファッションリファイン株式会社設立
昭和58年2月 鶴代町工場操業開始
平成6年8月 本社並びに人来田工場竣工 操業開始
平成8年11月 品質管理委員会を設置
平成13年8月 資本金を1億円に増資
平成21年1月 タカノリネン株式会社、株式会社東北医療資材協会、株式会社仙台綜合クリーニングセンターと吸収合併
平成29年6月 野球ユニフォームクリーニング工場を東京に開設
ページの先頭へ移動