洋服に付いたカビの応急処置は? | 仙台でシミ抜きが上手いと評判のクリーニングタカノ

お役立ちメモ

自宅でできるクリーニングレシピ

カビが生えたら

服にカビをはやさないようにするには?

収納

大切にしまっていたお洋服を久しぶりに出したら、カビを発見しショック・・・という経験はありませんか?

 

カビはどうやって生えるのでしょうか。しっかり対策をして、保管しましょう。

 

①汚れをきれいに落とし切ってから収納する
クリーニングに出し、カビが好きな垢や皮脂などをきれいに落としましょう。
冬のコートやジャケットなどは直接肌の上に着ないので気を抜きがちですが、要注意!
思っているよりも、外気や体温などで汚れているので最低でもシーズン毎にクリーニングに出しましょう。

 

②温度と湿気対策をする
カビが好きなのは、ムシムシした空間。
保管場所の通気性を良くし、除湿対策をするなどしてできるだけ湿気や熱気が溜まらないようにしましょう。
クリーニングから戻ってきた際のビニール袋は外して保管することをおすすめします。
時には保管場所から出し、陰干しするなどして乾燥させると効果的です。

 
③収納場所の掃除をする

せっかくきれいにした洋服も、埃だらけの場所にしまっていてはカビの栄養源があるお部屋で保管することとなり、意味を成しません。
収納場所もきれいに保つことが大切です。
カビが生えている洋服が1着でもあれば、他の保管している洋服にもカビ菌が広がる危険があります。
定期的にクローゼットなども掃除をして、清潔に保ちましょう。

 

これをすれば確実にカビが生えない!という方法はないので、
清潔さを保ち、メンテナンスをしながら大切なお洋服をカビから守りましょう。

 

ページの先頭へ移動