クリーニングレシピ | 仙台でシミ抜きが上手いと評判のクリーニングタカノ

お知らせ

服にカビをはやさないようにするには?

収納

大切にしまっていたお洋服を久しぶりに出したら、カビを発見しショック・・・という経験はありませんか?

 

カビはどうやって生えるのでしょうか。しっかり対策をして、保管しましょう。

 

①汚れをきれいに落とし切ってから収納する
クリーニングに出し、カビが好きな垢や皮脂などをきれいに落としましょう。
冬のコートやジャケットなどは直接肌の上に着ないので気を抜きがちですが、要注意!
思っているよりも、外気や体温などで汚れているので最低でもシーズン毎にクリーニングに出しましょう。

 

②温度と湿気対策をする
カビが好きなのは、ムシムシした空間。
保管場所の通気性を良くし、除湿対策をするなどしてできるだけ湿気や熱気が溜まらないようにしましょう。
クリーニングから戻ってきた際のビニール袋は外して保管することをおすすめします。
時には保管場所から出し、陰干しするなどして乾燥させると効果的です。

 
③収納場所の掃除をする

せっかくきれいにした洋服も、埃だらけの場所にしまっていてはカビの栄養源があるお部屋で保管することとなり、意味を成しません。
収納場所もきれいに保つことが大切です。
カビが生えている洋服が1着でもあれば、他の保管している洋服にもカビ菌が広がる危険があります。
定期的にクローゼットなども掃除をして、清潔に保ちましょう。

 

これをすれば確実にカビが生えない!という方法はないので、
清潔さを保ち、メンテナンスをしながら大切なお洋服をカビから守りましょう。

 

ジーンズは裏返して洗う

ジーンズ

ジーンズ
 
ジーンズを洗う時、外側が砂埃等で汚れている気がするけど、内側も汗などで汚れている気がする・・・。
結局のところ、洗うときはどちら側を表にしたらいいのだろう?
と悩みますよね。

その汚れ具合にもよりますが、基本的には裏返して洗うのがベスト!
色移りや生地同士の擦れなどを避けるため、できればデニムのみで洗うのが理想です。
 

洗濯物は畳んでから干すとしわが伸びる!

たたんで干す
ニット

洗濯物を干す前のひと手間で、アイロンがけしなくてもしわが目立ちにくい仕上がりに!
脱水後の洗濯物を折りたたむ程度で良いので軽く畳み、重ねていきます。
その後、最初に畳んだ洗濯物から順に、いつも通りハンガー等にかけて洗濯物を干していきます。
水を含んだ洗濯物の重さでしわが伸び、きれいに仕上がりますよ!

 

セーターは日着用したら2~3日休ませる!

ニット
ニット

 
寒い冬を乗り切るアイテムの1つ、ウールやカシミア・アンゴラなどのセーターは、とても温かく毎日着用したくなります。でも、毎日着用すると、毛玉ができやすかったり、脇に摩擦がかかり生地がかたくなる『フェルト化』という現象を起こしてしまいます。

それを防ぐには、セーターは毎日着用せずに、1日着用したら、2~3日休ませる事が大切です!

さらに、クリーニングに出して頂くと、チリやホコリがキレイにとれます。スチームをかけることによって、形を整えてお仕上げします。定期的にクリーニングに出して頂くことで、お気に入りのセーターを長く着用できますので、是非ご利用ください。
 

 
 

キャンバス地スニーカーを洗う時のポイント

スニーカー洗い方

スニーカーには、様々な素材が使われています。キャンパス地や天然皮革、合成繊維など素材によって洗い方やお手入れ方法は異なります。今回は、キャンバス地スニーカーのご自宅でのお手入れ方法をご紹介いたします。

キャンバス地のスニーカーの洗い方のポイント

①粉末洗剤(弱アルカリ性)を溶かしたお湯にスニーカーを入れ、30分位、つけ置きします。

②キャンパス地に石鹸をこすりつけてから、石鹸が泡立つようにブラシでこすります。

③ぬるま湯ですすいだら、良く水を切ってから洗濯機に入れて脱水します。洗濯機の取扱説明書も確認しましょう。直接洗濯機に入れてしまうと洗濯槽に傷が付いてしまう可能性があるため、洗濯ネットに入れ、さらにタオルで包んでスニーカーを守りながら脱水していきましょう。

※干すときは、直射日光を避け、風通しのいいところに干しましょう!
※頑固な汚れの時は、つけ置きの際に重曹もいれると汚れや、嫌な臭いも落ちやすいです。
※紐は、スニーカーからほどいて、酸素系漂白剤につけ置きして、石鹸で洗うと汚れが落ちやすいです。

スニーカーをキレイに保つポイント

▼防水スプレーをしましょう!
防水スプレーをすることで、雨などに濡れないようにする他、コーティングすることで靴を汚れから守ってくれる役割もあります。
▼下駄箱の除湿をしましょう!
スニーカーの変色や劣化には除湿が大きくかかわってきます。下駄箱に除湿剤を置くことで、保存状態を良好に保ちます。

それでも自宅では落としきれなかった汚れやニオイは、プロの技ならスッキリ取れます。
お気に入りのキャンバス地スニーカーは、オートランドリータカノのスニーカー水洗いクリーニングをぜひご利用ください。

着物を収納する時のコツ

着物の収納方法

タンスにしまう前に、着物を陰干しにして風を通し、汚れやシミがないかチェックしてください。
汚れやシミがあった場合はすぐにクリーニングに出してください。時間が経つほど取れにくくなってしまいます。
汗をかかれている場合は、汗が時間の経過とともに酸化し黄色くなってしまいますので、クリーニングしてからの保管をおすすめいたします。
当分着る予定がない場合は、目立った汚れがなくともクリーニング後の保管をお勧め致します。

タカノのクリーニングでは、大切なお着物を素材に合わせて最適なクリーニングをします。

【着物・浴衣クリーニング】メニュー料金表

 
宅配クリーニングも承っております。お着物や浴衣は、玄関から工場までスタッフが大切に扱いますので是非ご利用ください。

タカノの宅配クリーニング【着物・浴衣クリーニング】

 

着物や浴衣に飲み物をこぼしてシミをつけてしまった時

着物のシミ

あわてずに乾いたハンカチやタオルなどで水分を吸い取りましょう。
この時に飲食店などで出てくる濡れたオシボリは厳禁です。
漂白剤の影響で生地が脱色してしまう可能性があります。
こすったり、叩いたりすることも×。濡れた状態で摩擦が起きると生地にダメージを与えてしまい、白っぽくなってしまいますので避けましょう。
そのまま水分を乾かしてからクリーニングに出しましょう。何もしないで出していただくのが一番安全です。
タカノのクリーニングでは、大切なお着物を素材に合わせて最適なクリーニングをします。

【着物・浴衣クリーニング】メニュー料金表

 
宅配クリーニングも承っております。お着物や浴衣は、玄関から工場までスタッフが大切に扱いますので是非ご利用ください。

タカノの宅配クリーニング【着物・浴衣クリーニング】

 

ニットやセーターのハンガー干しはNG

ニットやセーターは、ハンガーにかけて干すと重みで伸びてしまいます。肩にポッコリとハンガーの跡がついたことがある方もいるのではないでしょうか?
理想の干し方は『平干し』です。お使いのピンチハンガーなどの上に広げて干すことで型崩れ防止になります!洗濯カゴを逆さにして、広げるように平干しもOKです。
最近はニット干し専用のアイテムも売っているので、活用してみるのも良いと思います!

 

ポイント

洗濯後は水を吸っているのでなおさら負担がかかります。
袖を垂らして干すと伸びてしまいますので、胸のあたりでクロスするようにして干しましょう!

衣類をキレイに長持ちさせるコツ

クリーニングから戻ってきた衣類の収納方法

クリーニングしてせっかくキレイになった服が、保管している間に傷んでしまった…なんてことはありませんか?大切な服を良い状態で保つには保管の方法にポイントがあります。クリーニングから戻ってきた衣類は、まずビニール袋を外しクローゼットに収納するようにしましょう!

 

ポイント

湿気・埃・虫から守るために通気性の良い不織布のカバーをかけて保管をしましょう。また、クローゼットにぎゅうぎゅうと詰め込んでしまうと衣類が傷んでしまうことも。収納場所に対応して少し余裕をもたせると湿気も溜まりにくく、使いたいときにサッと取り出すことができますよ♪

丈夫だけどシワが気になる麻(リネン)の干し方

麻(リネン)は風通しのよい日陰に干しましょう

お気に入りの麻のシャツやワンピース。洗いざらしのシワのある風合いを楽しみたいけど、自分で洗濯するとただの「シワ」になってしまい、アイロンがけも大変ではないでしょうか?麻は干し方にコツがあります。すすぎが終わったら脱水をせずに、幅の広いハンガーにかけて風通しのよい日陰に干しましょう!

 

ポイント

水分が多いのが気になる方は決して絞らないで、上から押して水を出して干しましょう!幅広のハンガーがない場合は、2、3本使ってもOKです!麻は速乾性があるので日陰でも十分乾き、水の重さでシワを伸ばしてくれますよ!

ページの先頭へ移動